5.住宅ローンの契約

5.住宅ローンの契約

お住まいを購入するための住宅ローンを選択し、申し込みをします。
ハウジングのスタッフが、必要書類の準備や申し込みの際に、お手伝いいたします。

住宅ローンを利用される方は、売買契約後に金融機関に借入れの申込を行います。
金融機関はご自由にお選び頂けます。
ローンにはさまざまな商品がありますので、金融機関がお決まりでない方は担当者にご相談ください。

住宅ローンの種類を知る

住宅ローンにはさまざまな種類があります。

  • 住宅金融支援機構のフラット35(民間金融期間と住宅金融支援機構が提携した長期固定型住宅ローン)
  • 財形住宅融資(財形貯蓄をしている方を対象とした住宅ローン)
  • 民間金融機関(銀行、信用金庫、生命保険会社、住宅金融専門会社、信販会社など)の住宅ローン など

どのローンを利用するかは、お客様の条件や取得する物件によっても異なりますが、一般的に普段利用される金融機関の特典や金利、特定不動産会社を利用した際の優遇措置などを比較して決められます。

住宅ローンのお申込みに必要なもの

  • 住宅ローン申込書
  • 実印
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 住民票
  • 住民税決定通知書
  • 収入証明書(または所得証明書)
  • 不動産売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 融資の申込書類一式
  • 印紙代 など
  • ※金融機関ごとに異なります。
  • ※その他ケースに応じて必要になるものがありますので、詳しくは担当者にお尋ね下さい。

融資承認

住宅ローンの申し込みから1~3週間程度で、金融機関より融資の審査結果の連絡があります。

融資承認が得られましたら、金融機関との間で金銭消費貸借契約兼抵当権設定契約(住宅ローンお借り入れのご契約)を結び、詳細な借り入れ条件を決定します。

ローン契約のよくあるご質問

Q.ローンの保証人がいない場合は?

銀行では、保証人を必要とせず、保証料を支払って保証会社の保証を得ることを条件に、住宅ローンの融資を行ないます。

公的融資も同様ですが、保証人をたてるか保証料を払うか、どちらかをを選択できる場合もあります。

Q.多額のローンを組んで、もしものことがあったら?

住宅ローン借り入れには、団体信用生命保険への加入が条件となっています。万が一の時は、保険会社が残債を肩代わりしてくれます。銀行の場合、保険料は無料。公的融資の場合、別途特約保険料が必要となります。

Q.売買契約後、ローンが借りられないとわかったら?

通常は、売買契約書に「ローン特約」を盛り込んでおきます。

これは、金融機関の融資承認が下りなかったり、融資額を減額されて購入できなくなった時に、解約するための措置です。

売買契約は白紙に戻り、買主さまが払った手付金などは全額無利息で返還されます。

PAGE TOP