6.残金決済、所有権移転手続き

6.残金決済、所有権移転手続き

残金(売買代金から手付金を引いた金額)が支払われたと同時に、(ローンを組んだ場合は、融資が実行されたと同時に、)物件(鍵)の引渡しとなります。 司法書士が法務局へ行き、新たな買主さまの名義で登記を行ないます。

融資承認によって不動産購入時における残代金の支払い準備は整いました。 いよいよ取引の最終章となります。

1

お引渡し前の現地確認

物件の最終確認を、現地にて行います。 売主様、買主様お立会いのもと、不動産売買契約時にお渡しした「物件状況等報告書」と「設備表」にしたがって付帯物の確認、境界等の立会いをいたします。

2

登記に必要な書類の確認

所有権移転登記の申請に必要な書類が揃っているか、司法書士が確認します。 買主様への不動産物件の所有権の移転に際し、障害となるような権利設定等がなされていないか、実際に登記手続きを代行していただく司法書士との連携で、安全で確実な不動産取引をお手伝いいたします。

<住宅ローンを借入れする場合> 融資実行、抵当権設定の手続きについて金融機関、司法書士との連携で、ハウジングが安全で確実なお取引をお手伝いいたします。

3

残代金の支払い

買主様から売主様に残代金を支払います。

預金小切手や現金で授受する場合もありますが、銀行振込で残代金を授受するケースが一般的です。

4

鍵の受け取り・関係書類の受け取り

残代金のお支払いと同時に、買主様は売主様から物件の鍵を受け取ります。

管理規約、パンフレット、建物付帯設備の取扱説明書などがある場合はあわせて、売主様から受け取ります。

5

固定資産税・管理費等の清算

固定資産税・管理費などの負担金の清算をします。

引渡し前日までは売主様の負担、当日からは買主様の負担として、日割り清算で行うのが一般的です。

6

諸費用の支払い

最後に、仲介手数料、司法書士への報酬など、諸費用の支払をします。

7

取引完了のご確認

これですべての取引が完了しました。取引が完了した証として、「取引完了確認書」にご署名・ご捺印いただきます。

8

アフターフォロー

取引は完了しましたが、ハウジングの仕事はこれで終わりではありません。 ハウジングでは、引越し会社はもちろん、リフォーム会社、ハウスクリーニング・ハウスメーカー等、ハウジングと取引実績があり信頼のおける業者をご要望に応じてご紹介いたします。

残代金の支払い時に必要な主なもの

  • 残代金
  • 仲介手数料の残金
  • 登記費用(登録免許税)
  • 司法書士への報酬
  • 固定資産税・都市計画税、管理費などの清算金
  • 住民票
  • 実印
  • 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの、抵当権設定時のみ)
  • ご本人確認資料(運転免許証など)
  • ※その他ケースに応じて必要になるものがありますので、詳しくは担当者にお尋ねください。

PAGE TOP